壊れた汚水ますを交換して安全に移動可能
土間打ちで雨の日でもすぐに地面が乾く


【リフォーム前のお悩み・ご要望】 
・ビルとビルの間が途中から砂利になっており、ゲリラ豪雨の時に雨水でぬかるむ
・日蔭で水はけが悪いためなかなか乾かない
・奥にある汚水ますが壊れている



 リフォーム前 リフォーム前(汚水ます)

リフォーム前リフォーム前(汚水ます)

ビルとビルの間は砂利になっており、雨が降るとすべりやすく危険な状態になっていました(写真:左)。
リフォーム前の奥にある汚水ますです(写真:右)。
壊れている箇所があり、このままだと転倒のおそれもあるので交換することに。


 リフォーム中 リフォーム中(汚水ます)

リフォーム中リフォーム中(汚水ます)

まずは、汚水ますを撤去するために周りを掘り返していきます(写真:左)。
周りが掘れたら、既存の汚水ますを取り外します(写真:右)。


 リフォーム中(汚水ます)

リフォーム中(汚水ます)既存の排水管をしっかり接合して、汚水ます交換が無事終了。
水漏れしないよう念入りにチェックします。


 リフォーム中(メッシュ) リフォーム後

リフォーム中リフォーム後

汚水ますの交換が終わり、周りを埋めていきます。
その上からメッシュを全体に敷きます。(写真:左)。
その後は、土間屋さんにコンクリートを敷いてもらい、固まり次第立ち上がった塩ビパイプを平らに仕上げて完成です。(写真:右)。



【リフォーム完了後】
汚水ますは詰まりの原因にもなりますので、今回新しいものに替えることで今後安心して暮らしていただけるようになりました。
また、メッシュを敷いたうえでミキサー車を呼び、専門の土間屋さんに仕上げていただくことで見違えるほどキレイに。
雨でもすぐに乾き、お客様も大変満足しておられました。




リフォーム概要
工事内容外構工事
工期3日
概算費用25万円


リフォームに関するご相談はありませんか。
お問合せ 資料請求